チョッキ ゴリランダー。 【S13ダブル最終5位&Global Challenge 2021 Winter最終14位】レイスキッスPhantom beat│リバティノート

☏ 今作の立ち回りは ダイマックスの使い所がすべてと言っても過言ではなく、その考察についてはここでは纏めきれないため、後日改めてダイマックスの使い方を解説する記事を投稿しようと考えています。 今作の目玉要素 「ダイマックス」をしたポケモンへのストッパーとなれる高い素早さが強力で、素早さに補正をかけていないギャラドスならば「りゅうのまい」を使われていても上から攻撃することができます。 ウッドハンマー 非ダイマックス時の絶大なダメージソースです。

5

💓 ゴリランダーの育成論一覧 突撃チョッキ型. それでもランクバトルシリーズ2シーズン2シングルバトル最終1位の構築に投入されていた。 その1位構築の個体はとにを厚く振ったいじっぱり型であった。 追加効果に"相手の持ち物を『なし』にする"という効果があり、それが前作まで存在した「メガシンカ」や「Zワザ」を使用してくるポケモンには無効だったのですが、現在はそれらの対策が無くなったため、 打つだけで確実に大きなアドバンテージを得られる最強技となりました。

🌏 タイプ相性で不利を取る ドラパルトに対する有効打点として採用しました。

5

💖 をする為、どちらかというと火力は足りそうなので、 オボンのみの方が良いと思います。 コメント 26 みんなの評価 :• 草技が通らない鋼タイプの代表格、H252振りの ギルガルドを2発で倒すことができます。 これは対対面でドラムアタックを打ちやすくする意図があります。

11

🐾 さいごに サイクル運用だが対面性能も高いゴリランダーを紹介しました。

18

👐 六世代で変わったのは一つのステータスに、255ではなく252までしか振れなくなった事です。 コメント 10 みんなの評価 :• コメント 4 みんなの評価 :• くさタイプの技が変化する。 3または4枠目に採用されがちな「やどりぎのタネ」はミラーで撃つことができないため採用せず、相手が「つるぎのまい」持ちナットレイであっても勝てるように攻撃だけでなく防御も上げる「のろい」を選択しました。

4