節分 いわし 飾り。 節分にいわしを食べる由来と意味。縁起のいい食べ方と飾り方はこれ!

🤚 今回はこの節分飾りについてのお話です。

8

👏 関東地方ではけんちん汁 関東地方では、節分の日にけんちん汁を食べる風習が根付いています。

18

😆 7種類の具を包むことで七福神を表し、福を巻き込んで無病息災、商売繁盛を願うという意味が込められています。

5

😊 【3】表に返してまな板に広げ、皮をむく。 節分にいわしの頭を飾るのはなぜ? 節分には、いわしの頭を玄関先に飾る風習もあります。

12

🙌 こちらも美味しいと、子供があっという間に完食。 ちなみに、いわしを焼く時の煙にも鬼除けの意味があったという説もあるため、(周囲の迷惑にならない程度)に煙を出して焼いてみるのもいいだろう。

14

📲 柊鰯の飾り方 柊鰯はどのように飾るのか、飾り方が気になるママやパパもいるのではないでしょうか。 この風習は、平安時代や江戸時代から正月のしめ縄に柊の枝とボラの頭を挿していた様子が土佐日記や浮世絵に描かれています。

6

⌚ 【2】大きめの耐熱ボウル(どんぶりでOK)にすべての材料を入れる。 昔は疫病や災害などの災いは、全て鬼の仕業と考えていました。 また、節分いわしに使う柊の葉っぱはトゲトゲしているので、鬼の目を刺して嫌がらせる、という意味があるといわれています。

14