データ フロー ダイアグラム。 データ処理の流れを掴もう

📲 入出力については前述のデータディクショナリーに定義しましたので、プロセスではその入力をどのように変換して出力にするのかを「ミニ仕様書」に定義します。

😂 従ってアウトプットはHACCPシステム構築手順を知った読者、処理する工程は各講座の講義の文書を読んで理解することです。 データフロー図の記法 データフロー図の4つの構成要素は次の通り:• ユースケース図 ユースケース図は、利用者や利用環境を考慮してシステムにどのような機能を要求するかを分析する際に用います。 アクターは、システムを利用するユーザーや外部のシステムを表します。

☯ 下層のDFDを書くときは、どのプロセスを書いているのかがわかるように、通し番号を振っておきます。 , Englewood Cliffs, New Jersey, 1978. 中心コネクターのスタートとエンドを各図形の接続ポイント(青い X)にドラッグします。

⚠ データフローダイアグラム(構造化システム分析)とは? 情報システムを通るデータの流れを図式化したものであり、インプットとアウトプットがどのような情報なのかを示し、データがどこから来てどこに行くのか、どこに格納されるのか、どこで更新されるのかを記します。 プロセスは、データに何らかの変更を加え出力しなければならない。

14

🤭 (1)外部要素 データの源泉と吸収を表します。 データフローは最低1つのプロセスと結ばれている必要がある。 大きな違いとしては、データの変換(Process)が、トム・デマルコ式は、円形で表されますが、ゲイン・サーソン式の場合は角丸の四角形であらわされます。

☯ 条件分岐 業務フローが条件によって分岐することがあるが、DFDではその条件は記載しない。

20