全日本 女子 プロレス。 全日本女子プロレスは、壮絶なイジメは当たり前、先輩レスラーに対して...

❤ 7月1日、全日本プロレス・イノベーション株式会社と同社の完全子会社となるオールジャパン・プロレスリング株式会社が発足し、興行の運営会社とする形で秋山新体制をスタートさせた。

2

😝 、全日本プロレスリングシステムズ株式会社に業務継承。 その後、三冠王者になった川田はシングルマッチを経験した橋本、とタッグを結成してに参戦。

4

🤑 (フリー)• 健介とのトークで出場した武藤と小島が、試合後に健介とタッグを結成した小橋とリング上で握手している。 これが、どうやら当時の全日本女子プロレスでも行なわれていたという噂があるんですよ。

9

😃 一方で諏訪魔&石川の世界タッグ王者として出場中の「世界最強タッグ決定リーグ戦」は重要局面を迎えている。 他の方の回答にあった『全女式体固め合戦』がその典型で、若手同士には残り5分まで技の応酬をさせた挙句、全力での抑え込みあいをさせて先にバテた方が負ける形式の試合をさせていました。

9

⚡ また女子プロ界参入に伴い、12月12日の「アイスリボン」横浜ラジアントホール大会視察を決めた。 石川修司 ワイルドめんそーれ• コルト・スティール• その後、新日本所属選手としては初となる・を獲得し、さらに年末のも制し、最優秀選手賞(MVP)を受賞した。

19

😃 ほかにも、らも、この番勝負を経験してスターダムを駆け上がった。

15