相対 性 理論。 一般相対性理論が間違っていることの証明

💙 特殊論・一般論ともにより記述された。 水星および他の惑星に対する最も正確な結果はを用いて1966年から1990年にかけて行われた測定に基づいている。

7

🤗 ポピュラーな素材であり、『』では、ある一兵卒が1000年以上続いた星間戦争の開戦から終戦までを経験し、「タウ・ゼロ」では、エンジン制御に支障をきたし無限に加速する宇宙船でこの宇宙の終焉を目にする、といったように、多くの作品のテーマにかかわるガジェットとなっている。

5

😛 このときロケットの時間と地上の時間は同じですが、右の図を見ると、ロケットの時間の方が遅れています。 数学的相対主義者は、特異点の性質とアインシュタイン方程式の基本的性質を探究し 、特殊な時空のより包括的なコンピュータシミュレーション(ブラックホールの合体を記述するものなど)を実行している。

8

😔 「相対性理論なんて難しそう」というイメージばかりが先行していますが、実際には大して難しいことはいっていません。 地球の質量によって空間が歪むとして記述して、重力を特殊相対性理論に取り入れる。

😈 特に星明かりは太陽の近くを通過する際に曲げられ、空の星の位置で見かけ上最大1. 真ん中に電気があって、付けると天井まで光が1分で届くとします。 ロケットで宇宙旅行に行くわけでもなければ、相対論的な効果を恐れる必要はありません。

12

☝ ところが、マクスウェルの電磁気学は、ガリレイ変換に対する相対性原理を満たしていない。 さらに、1941年、A・マッケラーは、カナダのビクトリア天文台の台報に、恒星間物質のスペクトル観測から恒星間空 間の温度を2.3Kと算出した、と報告している。 現在の観測結果の2.73Kに一番近かったのは、ビッグバン支持者が計算した背景放射の温度で はなく、むしろレゲナーの計算した銀河系間空間の温度(2.8K)だった。

✍ ・・・・・ 宇宙背景放射は必ずしもビッグバン論だけが予言したわけではない ビッグバン論、定常宇宙論という二つの宇宙論にかかわる種々の論争には、重要な問題が数多く提示されている。 「光の速さとは、どこから観測した速さか」という問いに対し、宇宙には 完全に止まっている場所(絶対静止系)があり、そこで計測した速さではないか、と科学者たちは考えました。 まず、標準理論として多くの学者の支持を得ている「ビッグバン理論」について考えてみてほしい。

17

😚 その内容は「ものが縮む」「空間が曲がる」など、非常に難解なものになっています。 また量子論を矛盾なく適用するために、空間は点の集合ではなく、超対称性をもつ二次元のひも(ストリング)の集合とみなす「超ひも理論(超弦理論もしくはスーパーストリング理論ともいう)」が展開されている。

4