礼 真琴 モーツァルト。 礼真琴の俺様感にヤラれる「モーツァルト」ポスター♪

✌ なんなんですか、102期生にしてあの完成度。 礼真琴の『モーツァルト』感想 池袋のふくろうさんと『モーツァルト』 この作品で圧巻だったのは、やはり礼真琴さんでした。

🌭 ばりばりと楽しく演じてほしいですね。

1

⚡ 個人的には来年以降に期待しています!. 2017年10月、第54回『宝塚舞踊会』• 2015年2 - 5月、『』 - マルセリーノ・フェデリコ、新人公演:アントニオ・デ・オダリス伯爵(本役:柚希礼音)『Dear DIAMOND! 』(シアタードラマシティ・日本青年館)• それにしても、ことちゃんが真ん中だと心無しか振付の難易度がすごい気がするのですが、それはさすがに贔屓目が過ぎますか?笑 歌もしかりですが、星組のみなさまは真ん中に引っ張られて技術面鍛えられそうな予感。

7

✔ しかし、宝塚版はどのように描かれているかというと、ただの悪役としてではなくモーツァルトの【才能】をただ嫉妬する悪役ではなく、人間味のあるサリエリとして表現されているのではないかな~と推測します。 そして沢山の役柄に素敵なナンバーが用意されていて、星組の歌うまさんが本領発揮!されていて、それも楽しませてもらったかなー。 主役コンビとキャラクターそのものは合ってましたがコスプレで、お芝居では無かったのが浅くなった印象です。

😩 歌の場面は少しですが、上達を感じました。 さて、まだまだ語れそうなんですがそろそろウザいと思うので1番印象深かったところを最後にお伝えしたいと思います。

♨ (2013年宙組、宝塚・東京)• 礼真琴・舞空瞳・凪七瑠海3人とも首席入団 89期、95期、102期と、3人とも首席入団の実力者。 常にまこっちゃんを斜め後ろから見届けている所とか、しっかり女房役として存在している。

13

😝 いい感じにちょうど合ってたなあって。

✔ その後、お二人がお辞儀をしてお顔を上げた瞬間… 礼さんが、フラフラと2~3歩前につんのめってヒヤリとさせられましたが、礼さんのニコリと可愛らしい笑顔が見られて一安心。 客席の拍手を浴びる中、「チャン チャチャ チャン!」と拍手を仕切って決まった後に、 「さゆみさ~ん、できましたよー!」と上空に向かって紅ゆずるさんに話しかけていた姿が私には感動でした。

6

😍 相性:お互いの力を打ち消すのではなく伸ばし合える関係 最初は丸顔と丸顔で、舞空瞳が164cmと身長差もあまりないため、その相性が心配でした。 ダンスのキレが凄すぎる 『ロックオペラ』というだけあって、激しい曲が多かったと思います。

20