フランクフルト 対 ケルン。 鎌田大地、先制点に絡む。長谷部誠がフル出場のフランクフルトはケルンに勝利でリーグ10戦負けなし

🐾 フランクフルト対バイエルンは日本時間2月20日23時30分から、コメルツバンク・アレーナで行われる。

19

😙 は9節から長谷部を3バックの中央にリベロとして配置する戦術がハマり、ウインターブレイク前には圏内の4位に浮上した。 スペイン [2月28日 8:34]• 2018- 歴代所属選手 [ ] 詳細は「」を参照 GK [ ]• 2011-2014• セリエA [2月23日 7:59]• スペイン [3月1日 7:18]• 1982-1983• 後半12分 選手交代、ソウ(8)がアウト、ヨビッチ(9)がイン 後半25分 選手交代、ドゥルム(25)がアウト、ロデ(17)がイン 後半26分 選手交代、ユネス(32)がアウト、トゥーレ(18)がイン 後半26分 後半27分 選手交代、エーズカン(21)がアウト、ドレクスラー(24)がイン 後半27分 選手交代、デニス(43)がアウト、アロコダレ(7)がイン 黄トゥーレ(18)が警告を受ける 後半30分 ゴール!!!ヌディカ(2)がゴールを決める。

17

🤚 ブンデス [2月28日 7:40]• プレミア [2月27日 17:24]• 1994-1995• シーズン中盤から攻撃的サッカーに転じたのが功を奏し、アレクサンダー・マイアーが19点で得点王を取る活躍もありリーグ戦を当初の予想を上回る9位で終えた。

🤗 プレミア [2月24日 8:31]• シーズン後半は前半ほどの安定した成績は残せなくなったがシーズン終盤までの出場権争いに加わると 、最終的には6位となり出場権を獲得した。 夏の移籍期間中にと主将のボランチ2人が移籍し、代わりにを獲得した。 9-1(・対)• スペイン [2月27日 14:21]• 2007-2010• 1992-1996• 2016-2018• 前半に2回の決定機があったが決められなかったこと、先制点に「意図的ではなかった」が関与したことなどに言及している。

9

🤫 1995-1996• 1993-1994• プレミア [2月20日 23:36]• このまま2-0で快勝としたフランクフルトが暫定3位とし、チャンピオンズリーグ CL 出場圏内を死守している。 2015-2016• 1989-1994• ホーム• 脚注 [ ] 2019年5月19日閲覧。 後半に突入すると、57分、縦パスを鎌田がヒールで方向を変えて、絶好調のエース、アンドレ・シルバが4試合連続となる今季18点目をゲット! 79分にはエヴァン・ヌディカが追加点を奪ってみせた。

11

😙 ブンデス [2月21日 13:07]• 2017-2018 FW [ ]• ブンデス [2月28日 1:35]• フランクフルトは3-4-2-1の布陣を採用、はボランチでフル出場、日本代表MF鎌田大地はシャドーで先発して先制点をアシストするなど活躍し82分に交代している。 最初は苦戦しましたが、冷静さを保ち、2-0の勝利に値した内容でした」 攻め急がずに戦況を見守りながら、しっかり勝負どころをモノにした。

5