カーボン テクノロジー ポータブル アンブレラ。 DAIWAの技術を活用し軽量と耐久性を実現した「カーボンテクノロジーポータブルアンブレラ」にUVカットモデル登場 投稿日時: 2020/08/11 13:47[PR TIMES]

😄 約76gの軽量性に加え、収納時に女性の小さなカバンにもすっぽり収まる長さ25㎝ 50cm と、少し大きめの26cm 60cm 約112gの2サイズ展開で携帯性も優れています。

👈 冒頭の傘も、通常の折り畳み傘の伸縮に必要な中棒のツメは使わず、釣りざおで培ったカーボン加工技術でアルミパーツを削減し、穴に弱いカーボンの耐久性・強度を損なうことなく軽量化したものだ。 通常、カーボン素材は、穴を開けると強度が低下するため、傘を伸縮させるためにグリップ(中央撥水剤)の付いたセンターロッド(ロッド)を使用する必要がありました。

9

🤪 一方で、強度を保つために中棒のツメなどの金具を使用すると、軽量性が損なわれてしまという課題がありました。 こちらは、収納時の大きさは26cmで重さは約112gです。

♥ 釣り用品の技術を「雨や風に強い」というコンセプトで提案 グローブライドは1958年、「大和(ダイワ)精工」として釣り具の製造を手掛け、ゴルフや自転車などのレジャー業界にも進出。 僕が知っているアウトドア向け傘の中では最軽量級です。 骨の材質の記載はありませんが、他の傘はカーボンとして記載されているため省略されている可能性があります。

4

💢 機能に拘ったTALEXレンズを支えるフレームには、2019年春夏のサングラストレンドであるライトカラーレンズと、ラウンドヴィンテージテイストやクラシカルな形を取り入れ、ファッションに抜け感を演出できる点が最大の魅力。 通常、カーボン素材は穴を開けてしまうと強度が損なわれしまう為、傘の伸縮には中棒 シャフト のツメ 中はじき を使用する必要がありました。 中棒 シャフト にカーボン素材を使い、3年の年月をかけて軽量と耐久性を追求した本製品。

🤑 そこで、通常の折り畳み傘の伸縮に必要な中棒(シャフト)のツメ(中はじき)は使わず、特殊なカーボン加工技術によりアルミパーツを削減することにより、穴に弱いカーボンの耐久性・強度を損なうことなく軽量化を実現しています。

19