ロータス エリーゼ。 このハンドリングを味わわずして死ねるか! ロータス「エリーゼ 220 スポーツ II」

🤩 翌から販売が開始され、のバリエーションや派生車種の追加などを受けながら、にされた。 8リッターにも、前記のとおり今回は特別に手は入っていない。

🤟 世界的に困難な状況にもかかわらず、ロータスカーズは強力に浮上し、Vision80戦略の実現に向けて順調に進んでいる」 と述べている。 出典: ロータス・エリーゼ新型スプリントエディション発売開始 ロータス・エリーゼ新型スプリントは1996年の復活版 ロータス・エリーゼ スプリントエディション ロータスは、1996年に欧州向けに発売されるも日本では未発表だった「エリーゼ・スプリント」を復活させ、2017年3月から「エリーゼ・スプリントエディション」として販売を開始すると発表しました。 オプションとしてエアコンが装備できるようになった。

8

🙂 イギリスのエンジンチューナーであるミニスター・レーシングの手によってチューンされており、ピストンやコンロッド、クランクシャフト、カムなども変更されていた。 「フェイズ1」や「シリーズ1」などのように通称される最初期のモデルではエアコンやパワーステアリング、ブレーキブースターなどが省略され、車重は公称690kg 程度である。

11

🤣 車好きの理想の走りがそこにあるからです。

7

👣 こうしてエンジンのレスポンスが上がると、それに応じてシャシーの味わいも途端に活発になるのが、エリーゼのようなアナログシャシーの妙である。 昔のロータスを知るベテランの走りマニアにとっては、安定しすぎて刺激が足りないと感じるかも知れませんが、軽微なアンダーステアに守られながら四輪が路面に張り付く感覚は、ほぼすべてのドライバーにとって好都合で不満の少ないセッティングだと言えるでしょう。

12

✊ はみ出し方がきれいなので気にならないが、そういうところまでは処理しないよというのが、このモデルのフィニッシュレベルなのかなと思った。

🐾 ランニングコスト(メンテナンス費と燃料費)がとにかく安いのです。

9