コロワ くん の 相談 室。 “LINEでワクチン相談”発案した日本人医師「自分を守るだけでなくみんなで助け合う気持ちで」 SNS上で起こりうる“副作用への反響”に注意も(ABEMA TIMES)

👐 2020年8月からはニューヨークに戻り、の老年医学・緩和医療科に所属。 その一心で集まった若手医師10人が、LINEのチャットボットで質問に自動で答える「コロワくんの相談室」を立ち上げた。 2021年1月日本国内での新型コロナウイルスワクチンに関する誤情報のSNS上の拡散や不安の高まりに問題意識を持ち、コロワくんサポーターズを結成。

💋 取手市としてはこの動きに対応できるように、新型コロナウイルスワクチン接種推進室を新設し、市民の皆さんへのワクチン接種の実施に向けての調整を行っています。

11

♻ ニューヨーク市内でも相談窓口のようなコールセンターが準備されたが、残念ながらすぐにパンクをしてしまった。 一方で、中には高熱が出たりだるさが出たりというような方もいるので、若い方と比べて38度の熱が出るとフラフラして転んじゃったといったことは十分起こりうるので、接種後の体調には十分注意を払っていただいたほうがいいかなと思う」 ワクチン接種による副反応。 来歴 [ ] 2002年3月、卒業後、2002年4月に入学、2008年3月卒業。

3

🐲 医療現場で増加すると予想される負担を軽減すること このようなミッションのもと代表の山田悠史先生を中心に 世界中からメンバーが集まりました。

⚐ 皆さまのワクチンに関する疑問や不安に寄り添うこと• 我々医療者も、そこに寄っていこうと思ったんです」 急ピッチで作業を進め、2月6日には開設にこぎつけた。 一方で、副反応への不安やリスクも指摘され、SNS上ではデマのような情報も拡散していた。 わたくし自身も当初はそうでした。

4

🙂 だが直接助けられるのは目の前の患者だけ。 何か気づいたことなどありましたら気軽に連絡下さい。 「まず1点、安心材料に使っていただきたいのは、少なくともこれまでの報告によれば、高齢者の方が相対的に副反応の出現頻度は低かった。