キャリア パスポート。 「キャリア・パスポート」例示資料等について:文部科学省

✍ また、同資料の中にはキャリアは「ある年齢に達すると自然に獲得されるものではなく(中略)発達を促すには外部からの組織的・体系的な働きかけが不可欠」であると言われていることや働きかけを支える教材もまた不可欠であることも書かれています。 (各校の既存のものを使用することも可能です。

15

♻ 「アンケート・ポートフォリオ有」の学校の方が、そうでない学校より、倍以上も「真剣に考えている」という結果が出ています。 小学生から必要な教育 キャリア教育は、将来、社会的・職業的に自立し、社会の中で自分の役割を果たしながら、自分らしい生き方を実現するための力を育成するための教育です。

4

🌏 ついては文部科学省において、「キャリア・パスポート」の例示資料及び指導上の留意事項について取りまとめました。

🤲 産業・経済の構造的変化や雇用の多様化・流動化などにより、子どもたちを取り巻く環境は大きく変化しています。 多分、官僚様の感覚としては、工場での製品管理なのだろう。

♻ 子供は学校へ」と、居場所を1つに決めてしまい、そこから外れた生き方を否定する。 現状では 研究例は少なく、 賛否両論ある状況です。 それでも夢を語るうちはまだよくて、そのうちに「べつに~」「とくにない」なんていう もっとも親がガッカリする返答が返ってきます。

7

👏 だから親は子どもを孤立させてはいけないのです。 勉強の成果だけでなく、 文化祭などの学校行事や課外活動の様子なども記録しています。 「職場見学・体験」は、見学や体験の事前のめあての確認や、見学や体験の記録として活用できます。

13

😅 この 長い期間、自分自身を見つめ、自己評価し続けることで、自分を客観的に見つめる力を身につけるとともに、自分自身についてのデータを持つことにつながります。 この eポートフォリオ には、授業のノートやプリント、教師からのコメント、学校行事や部活動の様子、また、 自分自身で取得した資格や検定なども記録することができます。 また、コエテコ編集部では、「プログラミング教育の今」をわかりやすく伝えることをミッションに独自の調査や有識者、専門家への取材を実施、インタビュー、コラム記事を配信しています。

12

⌚ 小学校低学年でも「1がっきにがんばったこと」「やってみたいこと」「おおきくなったらなりたいもの」などを記入し、基本的には学年が変わるごとに記録を残します。

17