千葉 県 知事 選。 鈴木大地氏の千葉知事選擁立で調整、自民県連会長は「森田知事の判断が大事」 : 地方選 : 選挙・世論調査 : 読売新聞オンライン

😆 ただ、河上氏は「誰でもいいわけではない。 43 8 1971年4月17日 1975年4月16日 3期。

👍 鈴木氏を推す理由について、河上氏は、県出身の五輪金メダリストで知名度が高く、行政組織のトップを5年間経験していることを挙げた。 本命だった前スポーツ庁長官の鈴木大地氏(53)の擁立失敗から約1カ月。 平成19年に弁護士として登録している。

8

👌 知事選には、千葉市の熊谷俊人市長(42)が無所属での立候補を表明している。 関氏は千葉市緑区選出で現在3期目。

14

😅 党県連は、鈴木大地前スポーツ庁長官(53)に立候補を打診し、鈴木氏も前向きな姿勢を示していたが一転、見送りに。 出席者からは「みんなで一丸となってやろう」といった声が上がり、党への推薦依頼も了承された。

15

👀 関氏は、25日に東京の党本部で開かれる県選出の国会議員による会合に出席。 それらを実践し、県のため、県民のために、職員と一丸で取り組む。

3

🤛いろいろな方々から、知事選に関して期待を頂いている。 10年12月の自民党候補者公募制度試験に合格し、11年4月に県議選緑区選挙区で初当選。

👊 千葉県出身で五輪金メダリスト、初代スポーツ庁長官と、肩書は申し分ない鈴木氏を、同県連は知事選の候補者として推していた。 二人とも県民のため激しく戦えばいい」 -後継指名や、特定の予定候補を応援する考えは。