Excel 条件 付き 書式 色。 Excel(エクセル)の条件付き書式の使い方!列や行、セルにうまく色付けしよう|ferret

❤ 『条件付き書式』の新しいルールを作成する 『新しい書式ルール』のダイアログ(ウィンドウ)が表示されたら、『数式を使用して、書式設定するセルを決定』を選択します。 注意(2) 数式入力時、列は固定する必要があるので絶対参照にし、行は相対させる必要があるので相対参照にしてください。 日と入力します ここも上記手順で、設定しましょう。

🎇 すると、ポインターがペイントブラシに変化します。 条件2:日曜日ならパターンを薄いオレンジ色• こちらも、今までと同じ手順で条件付き書式を設定します。

16

⚓ COUNTIF 関数について 条件付き書式の設定手順を書く前に、ここで使用する COUNTIF 関数について確認しておきます。 条件付き書式の基本的な設定方法は次の通りです。 【 ポイント】数式で「TRUE」を返す条件をセットします。

🚀 【書式】-「条件付き書式」をクリック• これについては「」でご紹介していますが、条件付き書式を初めて設定する方は、このページでご紹介している基本設定を先にマスターしていただくことを強くおすすめします。 次のセルのみを書式設定で「セルの値」で「エラー」を選択します。 この場合の「次の値」とは「今日」ですね。

📲 平均より上または下の値だけを書式設定• [OK]ボタンをクリックします。 上記のように、土と書かれたセルの文字だけ青に変わりました。

⚔ 設定が終わったら、[OK]ボタンをクリックします。

16

🤐 数式を使用して条件付き書式を設定する• 設定画面が表示されました。

18

📱 今回の場合は、目標の個数なので、数字が入った最初のセル番号「B4」を入力しましょう。

5

👣 こちらの方法を覚えると応用がききます。

6