名鉄 1700 系。 名鉄1700系(新塗装・1702編成)の違い « GM通信

👍 のマークやの車体色「ウインザーイエロー」は杉本の作品である。 モ1700形 前面下部に設置されていた「パノラマSuper」の電照表示器、自動装置とが撤去され、それに伴い(スカート)下部の左右は一体化された。 2016年3月21日閲覧。

10

😂 これは、5500系が全車電動車であることから、床下に冷房用電源の搭載スペースを捻出するために採用されていた もので、7000系も全車電動車であることから、同様の理由で採用することになった。 「P6」とは「パノラマカー6両編成」の意味。 快速急行以下の運用に就く場合は特別車を開放しない。

5

😇 主電動機の定格出力170 kWという値は3500系以降の名鉄VVVF車両(1700系は除く)に共通する出力となっており、これを電動車1両につき4台搭載する。 "2代目パノラマスーパー"だったが、愛称は改造時に消された。

15

💓 真鍋裕司「名鉄7500系の制御技術」『鉄道ピクトリアル』第812号、電気車研究会、2008年12月、 18-25頁。

🤙 名鉄でも積極的に試乗会などを行い、運行開始までに20,000kmほど走行することになった。 主要機器 [ ] 主要機器については5500系を基本とし、若干の変更を加えたものとした。 立木昭二「名古屋の都市交通と地下鉄」『鉄道ジャーナル』第163号、鉄道ジャーナル社、1980年9月、 30-34頁。

👊 - 創刊号の表紙を飾っている。 1700系 特別車 の部分は、もう20年経つのですが、2330系 一般車 の方はまだ10年ほどしか経っていなかったので、今度は2330系を残したまま、2330系に性能を合わせた、特別車 2200系30番台 を新造したわけです。

17

✋ それまではごく一部を除いて全車特別車での運行が基本であった、 - 系統の特急の約半数を一部特別車での運行とするために導入されたもので、特別車は車椅子対応席以外の1人掛け席が荷物置き場となり、窓配置が変わった。 そのほか、側面の行き先表示器の面積も拡大された ほか、自動放送装置を当初より搭載した。

10