ラプターズ 対 バックス。 トロントラプターズ V/S ミルウォーキーバックス

🙂 要所でリバウンドを拾いつつ、パット・コノートンのオフェンスチャージングで倒れ込んだラウリーに手を指し伸ばすなど、ラプターズのケミストリーに溶け込んでいる様子もうかがわせた。 「彼らを見ていると退屈だ」 要するに、外からの印象は今のバックスが強すぎるということです。

11

👐 今季のディフェンシブ・レーティングでリーグトップ(102. 9分しか出場していませんが、MVP候補の選手としてその出場時間は前例が無いほど少ないものです。 守備力では甲乙付け難い両軍だが、オフェンスではバックスが一枚上手と見るべきだ。

🌏 2年連続MVP受賞を視野に入れる絶対的エースのヤニス・アデトクンボを中心に、クリス・ミドルトン、ブルック・ロペスなどのシュート力に優れた選手がその脇を固め、今季リーグ最多の平均得点(118. Wilson Coach's Decision Thanasis Antetokounmpo Thanasis Antetokounmpo Coach's Decision Jaylen Adams Jaylen Adams Inactive Mamadi Diakite Mamadi Diakite Inactive Sam Merrill Sam Merrill Coach's Decision Jordan Nwora Jordan Nwora Coach's Decision スターター スターター 投 出場時間 得点 フィールド ゴール フリースロー 3 ポイント シュート リバウンド アシスト スティール ブロック ターンオーバー パーソナル ファール ノーマン パウエル ノーマン パウエル 終了 41 26 8 - 13 5 - 6 5 - 7 5 2 2 0 1 1 パスカル シアカム パスカル シアカム 終了 35 11 5 - 12 0 - 0 1 - 4 9 3 0 0 2 2 アロン ベインズ アロン ベインズ 捕 23 11 5 - 12 0 - 0 1 - 7 6 2 0 3 0 6 カイル ローリー カイル ローリー 試合数 37 21 7 - 12 1 - 1 6 - 8 6 3 0 0 4 3 フレッド バンブリート フレッド バンブリート 試合数 38 10 3 - 17 2 - 2 2 - 11 5 10 4 3 2 1 ベンチ 投 出場時間 得点 フィールド ゴール フリースロー 3 ポイント シュート リバウンド アシスト スティール ブロック ターンオーバー パーソナル ファール Terence Davis Terence Davis - 19 8 3 - 9 0 - 1 2 - 6 2 2 0 0 0 0 スタンレー ジョンソン スタンレー ジョンソン - 14 6 2 - 4 0 - 0 2 - 4 3 3 2 0 1 1 Yuta Watanabe Yuta Watanabe - 14 5 2 - 5 0 - 0 1 - 3 7 0 0 0 0 2 Chris Boucher Chris Boucher - 13 10 3 - 9 2 - 2 2 - 5 3 1 0 2 0 1 Paul Watson Paul Watson - 5 0 0 - 1 0 - 0 0 - 0 0 0 0 0 1 3 デアンドレ ベンブリー デアンドレ ベンブリー Coach's Decision パトリック マカウ パトリック マカウ Inactive Malachi Flynn Malachi Flynn Coach's Decision Jalen Harris Jalen Harris Coach's Decision Matt Thomas Matt Thomas Coach's Decision OG Anunoby OG Anunoby Inactive. 互いにインサイドを固めて、3ポイントを意図的に相手に打たせることを守備の決め事にしており、それはペイント内の失点数(バックス:38.。 『ESPN』のエリック・ウッドヤード氏によれば、この日36得点、15リバウンド、8アシスト、4ブロックと最高のパフォーマンスを魅せたバックスのヤニス・アデトクンボは、試合後にこう語っています。 カワイ(レナード)は居ない。

2

👏 8)において、2チームがリーグで最も多い数字を残していることからも明らかだろう。

7

👈彼がアウトサイドへキックアウトをすれば、すぐさまコーナーへ走っての3ポイントをチェックし、シュートチャンスを奪うことに成功。

👈 試合はバックスが9点リードで前半を終えたが、第3クォーターにラプターズが点差を1に縮める接戦に。 1ポイントよりもはるかに大きな数字となっています。 だから、(我々にとっては)挑戦となるだろう」 次の試合はラプターズのホームで行われ、ラプターズはホームでの直近18試合で17試合に勝利していますが、バックスに分があると考えられています。

3

✊ スターター スターター 投 出場時間 得点 フィールド ゴール フリースロー 3 ポイント シュート リバウンド アシスト スティール ブロック ターンオーバー パーソナル ファール ヤニス アデトクンボ ヤニス アデトクンボ 終了 38 24 8 - 14 8 - 14 0 - 1 18 9 1 1 5 3 クリス ミドルトン クリス ミドルトン 終了 35 24 8 - 17 3 - 3 5 - 8 10 7 1 0 1 3 ブルック ロペス ブルック ロペス 捕 32 20 8 - 11 2 - 2 2 - 3 7 0 0 1 0 1 Donte DiVincenzo Donte DiVincenzo 試合数 27 8 2 - 9 4 - 4 0 - 5 3 3 2 0 3 1 ドリュー ホリデー ドリュー ホリデー 試合数 35 7 3 - 14 0 - 0 1 - 8 7 7 2 0 1 0 ベンチ 投 出場時間 得点 フィールド ゴール フリースロー 3 ポイント シュート リバウンド アシスト スティール ブロック ターンオーバー パーソナル ファール ボビー ポーティス ボビー ポーティス - 17 8 3 - 7 0 - 0 2 - 4 4 0 1 0 1 0 ブリン フォーブス ブリン フォーブス - 16 11 3 - 8 2 - 3 3 - 6 2 1 1 0 1 1 パット コノートン パット コノートン - 14 2 1 - 4 0 - 0 0 - 3 3 0 0 0 1 2 D. 日本時間1月28日(現地27日)、トロント・ラプターズが今季本拠とするフロリダ州タンパのアマリー・アリーナでミルウォーキー・バックスと対戦し、108-115で敗れた。