セレコキシブ 錠 100mg。 セレコックス錠100mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

👐 5.非ステロイド性消炎・鎮痛剤の長期投与による消化性潰瘍のある患者で、本剤の長期投与が必要であり、かつミソプロストールによる治療が行われている患者[ミソプロストールは非ステロイド性消炎・鎮痛剤により生じた消化性潰瘍を効能・効果としているが、ミソプロストールによる治療に抵抗性を示す消化性潰瘍もあるので、本剤を継続投与する場合には、十分経過を観察し、慎重に投与する]。 また、薬物療法以外の療法も考慮すること。 病気によっては症状を悪化させるおそれがあります。

10

👀• の消炎• 発疹、じんま疹。 通常、成人にはセレコキシブとして1回100mgを1日2回、朝・夕食後に経口投与する。 の消炎• 関節リウマチ:セレコキシブとして1回100~200mgを1日2回、朝・夕食後に経口投与する。

4

😘 セレコックス錠100mgの用途• 定期的あるいは必要に応じて臨床検査(尿検査、血液検査、腎機能検査、肝機能検査、心電図検査及び便潜血検査等)を行い、異常が認められた場合には、休薬や投与中止等の適切な処置を行うこと。

19

👀 ,n=66) 血漿中濃度並びにAUC、Cmax等のパラメータは、被験者の選択、体液の採取回数・時間等の試験条件によって異なる可能性がある。 ] 100mg錠と200mg錠の生物学的同等性は示されていないため、投与量を調節する際には100mg錠と200mg錠の互換使用を行わないこと。

8

😍 腹痛、吐き気、下痢、口内炎。

🙄 ] 腎障害又はその既往歴のある患者[腎血流量低下及び水、ナトリウムの貯留が起こる可能性があり、腎障害を悪化又は再発させるおそれがある。 原則として長期投与を避けること。

15

📱 抗血小板療法を行っている患者については、本剤投与に伴い、その治療を中止してはならない。 急性炎症及び疼痛の程度を考慮し、投与すること。 3.手術後、外傷後並びに抜歯後の消炎・鎮痛:セレコキシブとして初回のみ400mg、2回目以降は1回200mgとして1日2回経口投与する• の鎮痛• (重要な基本的注意) 1.本剤の投与により、心筋梗塞、脳卒中等の重篤で場合によっては致命的な心血管系血栓塞栓性事象が発現する恐れがあるので、観察を十分に行い、これらの徴候及び症状の発現には十分に注意する。

3

♥ 【その他】• 消化性潰瘍、消化管出血、消化管穿孔 消化性潰瘍、消化管出血、消化管穿孔の発現が報告されているので、吐血、下血(メレナ)等の症状が認められた場合は投与を中止し、適切な処置を行うこと。

2